💐このページをシェア

すべての記事

同じ日の日記

時間軸のない夢と、時間軸のある現実/長田果純

猫に餌、皮膚科、YUKI SHIMANEのルック撮影、宇宙規模の閏年

2024/05/20

2024/05/20

同じ日の日記

セーターと離れても大丈夫/mouhen

手編みのセーター屋さん「mouhen」を営む。兵庫nitteの展示を終えて

2024/05/15

2024/05/15

同じ日の日記

命綱みたいに読んだ本のこと/山崎まどか

時折、波間に顔を出して、一瞬息をつく。自由に使っていい午後に

2024/04/30

2024/04/30

同じ日の日記

わたしは今日をこう生きたという雑文/児玉美月

6年暮らした家の退去と母の乳癌闘病。映画で生を希求すること

2024/04/26

2024/04/26

熊井晃史×me and you。願いを込めて言葉にすること、仕事をすること

渋谷キャスト7周年祭のテーマ「不揃いの調和」「頼まれなくてもやっちゃうこと」をもとに

2024/04/25

2024/04/25

山本奈衣瑠×蘇鈺淳 ままならない日々をそれぞれの走り方で走ること

映画『走れない人の走り方』の主演と監督。信頼関係のなかで等身大の言葉で話す二人

2024/04/22

2024/04/22

同じ日の日記

愛する能登、長かったこの1月のことを忘れない/wade

味噌汁との再会、冬のチューリップ、能登半島地震、考え行動し続けた1か月

2024/04/19

2024/04/19

ジェーン・スーさん&堀井美香さんに聞く安心・安全な場。ここではわたしを貶める人はいない

Podcast『OVER THE SUN』。「あ、こういう50歳がいてもいいんだな」と慣れてもらうことをしてる

2024/04/12

2024/04/12

連載

連載「あの本屋に行こう」:東京にあるおすすめの本屋8店

蟹ブックス/twililight/日記屋 月日/OH! MY BOOKS etc…

2024/04/11

2024/04/11

「めんどくさいと笑われることに怯えない」。“普通”になりたかった児玉雨子さんが自己受容するまで

ハロプロなどの楽曲を作詞し、小説家としても活躍する作詞家の20代の頃の葛藤

2024/04/08

2024/04/08

顔色を窺い道化者を演じていたけれど。YouTuber・俳優のめがねの変化

学校が大嫌い、人と向き合うのが苦手。対話を恐れず本当の姿を出せるようになったのは

2024/04/08

2024/04/08

創作・論考

葉っぱの日、詩人の日

連載:プラトニックな光で満ちた窓が見えるよ/水沢なお

2024/04/05

2024/04/05

キッチュでシュールな“動く”世界、吉岡美樹さんの創作の秘密

昔のインターネットや古い日本映画から得たインスピレーション

2024/04/03

2024/04/03

わたしたちのスリープオーバー「あんなこと、こんなこと覚えてる?」

いろんな自分がいる、いろんな揺らぎがある

2024/04/02

2024/04/02

同じ日の日記

漫画を描くことが、この世界での私の機能として、適切みの強い行いだと思った/とれたてクラブ

パレスチナや朝鮮人虐殺のこと。『違国日記』の槇生ちゃんのように漫画を描くことと社会運動

2024/03/29

2024/03/29

世界はいつも、ここにある。映画『Here』バス・ドゥボス&リヨ・ゴンが話す

あなたは決してひとりではない。対立ではなく、つながりの物語を

2024/03/25

2024/03/25

同じ日の日記

目が覚めてから床に寝転んで眠るまで/杉田協士

スーパーで、映画館で、コンビニで、出会った人々と声をかけあう

2024/03/22

2024/03/22

連載

ホホホ座浄土寺店(京都):連載「あの本屋に行こう」

老若男女が普段着で来る本屋

2024/03/19

2024/03/19

連載

雑貨と本gururi(東京・谷中):連載「あの本屋に行こう」

架空のあるひとりの女性を思いながら選書

2024/03/19

2024/03/19

同じ日の日記

立っていて無視される/小山田浩子

交通安全見守り当番で立つ、「FREE PALESTINE」の紙を持って立つ

2024/03/18

2024/03/18

同じ日の日記

おばけと名付けた時間/青葉市子

10年前の記憶。わたしたちはこうして寄り添う時間をおばけと名付けた

2024/03/13

2024/03/13

連載

「男らしさの土俵」から降りられたと思って生きてきたけれど

連載:呼びようのない暮らし/星野文月・有吉宣人

2024/03/12

2024/03/12

わたしたちのスリープオーバー「国際女性デー 日常で感じる違和感から未来を考えよう」

過去の人が声をあげてくれたから今わたしたちが得られていることがある

2024/03/12

2024/03/12

創作・論考

冬の日の連想

連載:午前3時のソリチュード/中村佑子

2024/03/12

2024/03/12

繰り返される破壊を前に、パレスチナの文化は何を語るのか。山本薫×中島梨乃

自分たちの人間性を保ち、世界に伝えるためのパレスチナのアート。おすすめ作品も

2024/03/08

2024/03/08

「無駄づくり」藤原麻里菜×「途中でやめる」山下陽光 働き方と稼ぎ方を発明する二人

好きなことで長く働くための方法、SNSとの付き合い方、面白いお金の使い方

2024/03/01

2024/03/01

吉澤嘉代子さんとスリープオーバー デビュー10周年。心の変化は?

「夢はアパート」/自分と対峙するのは何歳になっても遅くない

2024/02/29

2024/02/29

連載

本屋ルヌガンガ(香川・高松):連載「あの本屋に行こう」

普段触れている世界とは違う時間・違う価値観を感じられること

2024/02/29

2024/02/29

連載

本と商い ある日、(沖縄・うるま市):連載「あの本屋に行こう」

県内外のひとがほどよくチャンプルーして交流ができるように

2024/02/29

2024/02/29

日記が集まる一日。日記専門店が開催した第四回「日記祭」レポート

日記屋 月日による日記本の即売会やトークショー、音楽ライブ

2024/02/27

2024/02/27

newsletter

me and youの竹中万季と野村由芽が、日々の対話や記録と記憶、課題に思っていること、新しい場所の構想などをみなさまと共有していくお便り「me and youからのmessage in a bottle」を隔週金曜日に配信しています。

support us

me and youは、共鳴を寄せてくださるみなさまからのサポートをとりいれた形で運営し、その一部は寄付にあてることを検討中です。社会と関わりながら、場所を続けていくことをめざします。 coming soon!