💐このページをシェア

タグ

日記

「いつの間にか日記について話す人をみるとうれしくなる人間になっていた」(日記:柴沼千晴、返事:石川ナヲ)

普段の生活も長い目で見ればきっと長い長い旅路

2023/04/26

2023/04/26

「日記本についてと、去年文フリで売った小説について」(日記:石川ナヲ、返事:柴沼千晴)

表現の間で揺れ動く思考を私も大切にしたいなと思いました

2023/04/26

2023/04/26

「私もそっちに行きたいのだけど、行けるのだろうか」(日記:白鳥菜都、返事:下田理沙子)

ある人から見たら

2023/04/20

2023/04/20

「まだお別れしたくなかったので、サイゼへ移動」(日記:下田理沙子、返事:白鳥菜都)

思い出話が盛り上がる時は、同じ気持ちを共有していた時間が過去にあったから

2023/04/20

2023/04/20

「気の合う人というのは奇跡のような存在だ」(日記:ハラリエコ、返事:かまりえ)

出会いや経験の蓄積は人によってずいぶん違ってくる

2023/04/17

2023/04/17

「自分はそっち側の星の下に生まれていない」(日記:かまりえ、返事:ハラリエコ)

世界のその日のバランスの偏りみたいなものを感じます

2023/04/17

2023/04/17

同じ日の日記

日記:7:19〜22:30の詳細な記録/UFO

建築を学ぶ大学院生として過ごすハロウィンの一日の記録

2023/04/12

2023/04/12

同じ日の日記

Emptiness makes room for grace. /大堀晃生

その勝手さをお互いに大事にしあい勝手に生きている

2023/04/11

2023/04/11

同じ日の日記

わたしの冷えきった手指/ひらりさ

ロンドンから帰国し再就職。「ひらりさ」として書き続けることをめぐって

2023/03/31

2023/03/31

同じ日の日記

巡る思考は、帰る場所を忘れた/saki・sohee

ディアスポラの生とセンチメントを辿る、ケアと思考のこと

2023/03/28

2023/03/28

同じ日の日記

深夜の栗、ラーメン屋、赤いタイツ、どんぐり、スプラッターロマンスムービーとスプラッターマフラー /大道寺梨乃

北イタリアのチェゼーナで暮らす。ラーメン屋の仕事が休みの日

2023/03/16

2023/03/16

同じ日の日記

物々交換カフェ〈エノアール〉でめぐり合う、資本主義の“裂け目”/宮越里子

野宿者の人たちが営むカフェのメニュー、<だめ茶>と味噌汁

2023/03/14

2023/03/14

同じ日の日記

変なダンスを踊って一瞬気持ちが軽くなったけど/游泳

11月も12月も泣いてばかりだったのでもう今年は頑張らない!

2023/03/13

2023/03/13

同じ日の日記

こわいもの/柴沼千晴

日記のすばらしさとそれに対する依存のような気持ちを同居させて

2023/03/10

2023/03/10

同じ日の日記

Ephedra/燈里

私達は皆、存在に欠如を抱き、それを他者から満たしてもらう

2023/03/10

2023/03/10

同じ日の日記

記憶は嘘じゃないと海で叫ぶ/saki・sohee

チュンジョハルモニたちが生死をかけて渡った海の先で今、私も生きている

2023/02/24

2023/02/24

同じ日の日記

レジタンスとしての健康―食の視点から、傷の治癒の視点から/スナネコのアカチャンと燈里

健康は個人的で繊細なトピックでありながら社会的で政治的である

2023/02/20

2023/02/20

同じ日の日記

厳密じゃないけど祝う/藤岡みなみ

日付だけが合ってる子供のサブ誕生日、流しそうめんや珍珠圆子を食べながら

2023/01/24

2023/01/24

同じ日の日記

山川域を異にすれども、風月天を同じうす/富沢櫻子

中国残留孤児の祖母の記憶、深圳に転校した夏の記憶

2023/01/20

2023/01/20

同じ日の日記

Joy to the World/燈里

翻訳、作曲、滝壺。全ては遊びの延長で、全てを楽しむ素養がある

2023/01/20

2023/01/20

同じ日の日記

明日はいよいよ出産のための入院/塩川いづみ

夫の育休申請で考えたこと。ぼんやりと触る大きなお腹

2023/01/19

2023/01/19

同じ日の日記

酒とは一瞬のきらめきを手にするために/藤原麻里菜

頭のなかに浮かんだ不必要な物をつくる「無駄づくり」の作者

2023/01/16

2023/01/16

同じ日の日記

モントリオール月齢17.4/Bambi_d’Or

飛行機の乗務員が綴る。硬水で淹れたコーヒー、制服のまま寝落ち

2023/01/16

2023/01/16

同じ日の日記

平坦な日々に/かとうさおり

トートのプリント作業で思い出すミカエル・アース「サマーフィーリング」

2022/12/16

2022/12/16

同じ日の日記

主に八戸にいた/能町みね子

青森にプチ移住。トラベラーズノートに郵便局の風景印を押しながら、街を歩く

2022/11/25

2022/11/25

同じ日の日記

ウィーンの夏、冷たい白い石の部屋で/眞鍋アンナ

12,000キロ離れたこの国の椅子の上から、もう一度考え始める

2022/11/25

2022/11/25

同じ日の日記

『WANDA』、夏の夕方の表参道/シギトム

常に泣きそうなワンダの顔と、旅の終わりの顔、ちょっと忘れられないと思う

2022/11/22

2022/11/22

同じ日の日記

植物からはじまる、思考のジェットコースター/苗

「頑なな日光原理主義」の立場から植物と風水の関係に思いを巡らせて

2022/11/21

2022/11/21

同じ日の日記

とてもささやかで、そのささやかさが大事/ワイナー祐子

空気を伝えられるのはとてもうれしいこと。きっとできるはずだ。

2022/11/18

2022/11/18

同じ日の日記

旅先の夜に身体をこちらへ引っ張ってくる/Hana Yamamoto

旅行で身体感覚を狂わせる。ハノイの街歩きの手法とフィットネスセンター

2022/11/17

2022/11/17

newsletter

me and youの竹中万季と野村由芽が、日々の対話や記録と記憶、課題に思っていること、新しい場所の構想などをみなさまと共有していくお便り「me and youからのmessage in a bottle」を隔週金曜日に配信しています。

me and you shop

me and youが発行している小さな本や、トートバッグやステッカーなどの小物を販売しています。
売上の一部は、パレスチナと能登半島地震の被災地に寄付します。

※寄付先は予告なく変更になる可能性がございますので、ご了承ください。

me and you shop