💐このページをシェア

同じ日の日記

ちゃんと覚えているよ、私/池田澄子

2022年1月1日(土)の同じ日の日記

毎月更新される、同じ日の日記。離れていても、出会ったことがなくても、さまざまな場所で暮らしているわたしやあなた。その一人ひとりの個人的な記録をここにのこしていきます。
me and youのはじまりの日記は、2022年1日1日(土)。俳人の池田澄子さんに書いていただきました。

一月一日・晴

育児日記を終えて以来、日記を書いた覚えがない。それは五十八年近く昔のことだったと気付いて茫然とした。
今日は元日。大晦日からエイッと元日になった日本の此処で、忙しかった昨日が噓のようにのんびりしている。快晴、でも寒い。扨(さ)て、自分用にお茶と甘いモノの用意はしたし、落ち着くぞ、と座り込んだ。テレビを点けてみたけれど観たいものは特にない。
頂いた年賀状のお返事を書こうかと思ったけれど、暮の延長の気分になるのもツマラナイ。読みたい、読むべき句集も、身ほとりに積んである、が、本気にならなければならないから、ちょっとシンドイ。早い夕方には息子家族がお泊りに来るので、それまで、ぼーっと自分の時間を過ごしたい。
ならば、十二月に出来たエッセーの拙著を読もうか。よし今日はコレを読む。半月前に少し読み始めてみたけれど、読むべき句集も積んであるし、書く仕事も終わらせなければならないし、大掃除優先だし、自分の本はそのままにしていた。名久井直子さんの装幀は気に入って、そのことに安心して表紙を撫でているだけだった。
いえ実は、三分の一くらいは読んだのだ。でも、なんか気が進まない。さ、次を読むぞ、という意欲が湧かないのだ。何故、本気で最後まで読めなかったのか。
何故って、何処を読んでも知ってることばかりなんだもの。珈琲を淹れてきてくれた娘にそう言ったら、そりゃそうネ、って笑われた。このところ記憶力の低下を嘆き怖れていたけれど、ちゃんと覚えているよ、私。
買い物終わったから、もうすぐ行くよ、とラインが入った。夕食は毎年手巻き寿司。来る途中にとても品の揃った鮮魚店があるそうで、どっさり買ってきてくれる。チビチャンもすっかり少女になって、今年逢わない間に背が伸びたとか。また、ナマイキに「蟹味噌おいしいよね。イクラ頂戴」なんて言う筈。私は所謂お節料理の係。柿膾とか栗きんとんとか煮物とか、実は自分が好きな物の係。
やっぱり自著は読み終わらなかった。

池田澄子
一九三六年鎌倉に生まれ新潟で育つ。句集『拝復』『思ってます』『此処』他。対談集『兜太百句を読む・金子兜太×池田澄子』。散文集『あさがや草紙』他、新刊エッセー集『本当は逢いたし』。(撮影:佐山順丸)

『本当は逢いたし』

著:池田澄子
発行:日本経済出版
価格:2,420円(税込)
発売日:2021年12月3日(金)

日経の本│『本当は逢いたし』

newsletter

me and youの竹中万季と野村由芽が、日々の対話や記録と記憶、課題に思っていること、新しい場所の構想などをみなさまと共有していくお便り「me and youからのmessage in a bottle」を隔週金曜日に配信しています。

support us

me and youは、共鳴を寄せてくださるみなさまからのサポートをとりいれた形で運営し、その一部は寄付にあてることを検討中です。社会と関わりながら、場所を続けていくことをめざします。 coming soon!