💐このページをシェア

ニュース

「kotoba clubの集い💫 2022年8月/好きな詩・短歌・俳句について話そう」を開催します。

me and you clubのそれぞれのグループごとに開催する「グループの集い」。
今回は「kotoba clubの集い」を8月31日(水)20時からZoomで開催します。

詩や短歌、俳句などは、それぞれ異なる形式、文化、歴史を持っています。そのうえで、いずれもその「(言葉の)短さ」や、例えば仕事や公の場などで使用することが求められる円滑なコミュニケーションが目的ではない言葉の使い方によって、直接的な表現でメッセージを伝える行為からはこぼれ落ちてしまうものの見方や感情、記憶が立ちのぼるということがあるのではないかと思います。

me and you little magazineでお話をうかがった穂村弘さんは「短歌はそういう個人の「思いの器」として機能してきた面があるのかなと思います」といったことを話されていました。

今回は、そんな詩や短歌、俳句について、一人ひとりが好きな作品や作家のエピソードを持ち寄りながら、詩・短歌・俳句のどんなところが好きなのか、なぜ大切なのか、お話しする時間をつくれたらと思います。

💚当日の進行
・当日の流れの説明
・一人ずつニックネームと、自分が好きな詩・短歌・俳句の作品や作家の紹介
・ブレイクアウトルームでお話を深める時間
・kotoba clubで今後やってみたいこと

途中参加・途中退出も大歓迎です。ぜひお気軽にご参加くださいね。

※本イベントは、me and you club membersのみご参加いただけます。

💚me and you clubとは?
me and you clubは、曖昧さや迷いの過程、一人ひとりにとって心地よい速度を肯定することで、安心して話しはじめられ、信頼できる人が見つかるかもしれないコミュニティです。本や映画の話をしたりDIYを楽しんだりするクラブ活動、日常の違和感や社会問題への気づきを語りはじめるイベントなど、生活も社会も地続きに一人ひとりが思考をめぐらせ、共有しながら、個人的なことと社会的なことについて考え、語る場所。

me and you club

newsletter

me and youの竹中万季と野村由芽が、日々の対話や記録と記憶、課題に思っていること、新しい場所の構想などをみなさまと共有していくお便り「me and youからのmessage in a bottle」を隔週金曜日に配信しています。

support us

me and youは、共鳴を寄せてくださるみなさまからのサポートをとりいれた形で運営し、その一部は寄付にあてることを検討中です。社会と関わりながら、場所を続けていくことをめざします。 coming soon!